匠建設
ブログ

外壁や壁にこびりついたコケ…どんな影響がある?

こんにちは!山口市の外壁洗浄、屋根外壁塗装の匠建設です。

今日は、外壁や壁にこびりつくコケについて解説していきたいと思います。

外壁や壁のコケは見た目を損ねるだけでなく、実は家の健康状態にも大きく関わってきます。

日当たりの悪い場所、湿気の多い場所に発生しやすいコケ

外壁・壁にコケが付く原因

そもそもなぜ、外壁や壁にコケがつくのでしょうか?その原因について解説していきたいと思います。

コケは植物!

壁にこびりつくコケの正体。実は他でもない植物です。でも、壁の高い部分にだけ自生しているようなものも多くあります。通常植物は土から養分を吸い成長しますが、実はコケは土からの栄養ではなく空気中の水分や雨などを吸収し成長。そのため、外壁の高い部分や湿気の集まりやすい部分に気がついていたらコケがついていた…といった現象が発生します。

どうしてコケが壁につくの?

いつの間にか壁を汚すコケ。一体どのようにして発生するのでしょうか?原因はいくつかありますが、基本的に下記の2つとなります。

1,飛散した胞子が壁に付き自生するパターン

2,鳥や昆虫がコケの胞子を運びコケが根付くパターン

このどちらの原因も自然現象になりますので完全に防ぐということは難しいかもしれません。

匠建設ではカビのつきにくい塗料なども扱っていますので、カビの発生を予防する塗装工事なども可能です!

壁にコケがついたときはどうすればいい?

壁にコケがついてきた。その初期段階であればご自身でもコケの除去は可能です。例えば壁の低い位置にある場合、まだ量が少ない場合などはご自身でも比較的簡単にコケを処理できるでしょう。これがある程度の面積になったり、コケの根が外壁深くまで浸透している場合は専門業者への依頼をおすすめします。

外壁のコケを放置するとどうなる?

外壁のコケを放置することで見た目を損ねるだけでなく、外壁材が傷む原因にもなりかねません。

コケは湿度の高いところで発生し、コケがある箇所の湿潤がどんどん強くなります。外壁材がその湿度により傷んでしまい、クラック(外壁のひび割れ)や欠損などにも繋がりかねません。それら欠損が原因で雨漏りや外壁材の劣化に繋がり、結果高い修繕費用がかかる…といったことも。そうなる前に、早め早めの対策が重要です!ひとことでコケと言っても馬鹿にできませんね。

外壁洗浄、外壁塗装もお任せください!

山口市の匠建設では外壁洗浄、外壁塗装のどちらも承っております。

「外壁塗装はするまでもないけど、見た目も悪いし壁のコケをなんとかしたい」

「新築してからしばらく経つけど一度も外壁の塗り直しもしていないし相談だけでもしてみたい」

など、どのようなご要望でも喜んでお受けいたします。

関連記事一覧

関連記事はありません。

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031